ホーム » 仮想通貨 » 【仮想通貨ブログ】初心者が仮想通貨で正しく儲けるための3つの取引方法紹介!正しく安全に仮想通貨デビューしよう!
a

【仮想通貨ブログ】初心者が仮想通貨で正しく儲けるための3つの取引方法紹介!正しく安全に仮想通貨デビューしよう!

悩みを抱える女性

・どうやって投資すればいいんだろう

・いくらから始めよかな?

・どうやって稼ごうかな?

 

これらの疑問にお答えします。

 

本記事では仮想通貨投資初心者向けに以下のことをわかりやすくお伝えします。

 

・仮想通貨の取引方法3つ
・仮想通貨の儲け方ポイント

 

本記事を参考にしていただければ、仮想通貨の口座開設し次第、お金を入れたらさっそく仮想通貨にチャレンジできます。

 

ぜひ最後までご覧ください!!

 

仮想通貨の正しい稼ぎ方

仮想通貨(ビットコイン)の稼ぎ方はたくさんあります。

その中で誰でもできる仮想通貨の投資方法を3つピックアップしました。

 

①現物取引
②ポイントサイト
③積み立て投資

 

それでは紹介していきますね!

 

現物取引

1つめは「現物取引」です。

 

現物取引とは実際に仮想通貨(ビットコイン)を購入、または持っている仮想通貨(ビットコイン)を売却することです。一番オーソドックスな方法です。

 

仮想通貨を買って、売るを繰り返して利益を得ていく方法を現物取引といいます。

 

利益を出す方法は自分が日本円で購入した1BTCの価格が、高くなったとき売却すれば現金で利益がでます。

 

取引の手順

現物取引の流れです。

 

例えば、

1BTC1,000,000円の時に1BTCを購入しました。

しばらくその1BTCを保有していたら、1,200,000円まで価格が上がりました。

チャンスだと思い1BTCを売却しました。

売却した結果200,000円(20%)の利益が出ました。

 

だいたいこの流れです。このようにうまくいけばいいですが実際は複雑です。この現物取引は株やFXにも通用する方法です。仕組みは違えどやることは一緒なので覚えておいて損はありません。またのちに紹介する「ポイントサイト」や「積み立て投資」につながってきます。

 

ポイントサイト

2つ目は「ポイントサイト」です。

 

「ポイントサイト」とはポイントを仮想通貨の購入に回す取引方法で、少額からカンタンに始められます。少ない金額でかつ自己資金を動かさずにチャレンジしたい方はこの「ポイントサイト」がオススメです。

 

1社紹介すると、楽天ウォレットは大手IT企業の楽天グループが運営する仮想通貨取引所です。一般的な取引所と違って、楽天ポイントを仮想通貨に交換できます。ちなみに100ポイント以上の楽天ポイントを持っていれば投資可能です。

 

もし溜まっているポイントがあれば、ポイントサイトでの取引がオススメです。

 

 

積み立て投資

「積み立て投資」とは決まった日時に、一定額を購入する方法です。

 

積み立て投資の特徴は、一点集中のリスクを分散し、安定的に稼ぐことができます。

 

メリットは購入回数を分散することによって、リスクを軽減できる、少額でも始められるといったメリットがあります。この購入回数や購入金額の変更は可能です。また「ドルコスト平均法」によって平均購入単価を抑えるなどの効果はありますがまた別の記事でまとめます。

 

実際に投資を行う際、ムリのない金額で始めるようにしましょう!

 

取引手順

積み立て投資のおおまかな流れです。

 

例えば、

「毎月5日に10,000円を入れる」と決める。

毎月5日に10,000円を仮想通貨(ビットコイン)に自動入金する。

また次の月の5日に10,000円を仮想通貨(ビットコイン)に自動入金する。

売却や積み立てる日時、金額を変更しない限りは積み立て続けます。

 

自動的に決まった日時に一定の金額を仮想通貨購入できますが、強制的に積み立てて欲しいと思う方は自動積立をオススメします。

 

仮想通貨でより儲けるためのポイント

さらに仮想通貨(ビットコイン)で正しく儲けるためのポイントを2つ紹介します!

 

①仮想通貨投資は自己資金の範囲で行う
②アルトコイン投資もアリ

 

それぞれ紹介しますね!

 

自己資金の範囲内で行う

仮想通貨の「自己資金の範囲内」で投資しましょう。

 

仮に自己資金の範囲を大きく超えた投資し、損したときに借金する可能性があるからです。

これは株式、FXなどの投資に言えることで仮想通貨も同じです。

 

詳しくは「仮想通貨のリスク」に載ってますのでこちらをぜひ読んでください⇩

404 NOT FOUND – ハヤブログ
ブログ・仮想通貨・スキルで稼ぐ

 

仮想通貨に入金するための投資資金の作り方

なかなか投資資金がつくれないよ~

のような悩みを抱える方のために、私が以前読んだ「家計の本」に給料の出費バランスの比率が参考になったので紹介しますね!

 

お給料から「消費」「浪費」「投資」の3つに分け、それぞれ捻出する方法です。ちなみに自分の給料から、消費70%、浪費25%、投資5%に分けます。

 

あくまで参考なので人によって生活リズムが違うのでカスタマイズ可能です。毎月の収支を見直して仮想通貨に投資するためだと思ってください。

 

消費とは

消費とは日常には欠かせない費用を指します。

 

例えば、

  • 食料費
  • 居住費
  • 水道光熱費
  • 家賃

 

生きていくためにはかかせない費用のことです。ここはなかなか減らすことが難しいでしょう。

 

イチバンのウェイトを占める部分になるので、70%になっています。

 

浪費とは

浪費とは生活には必要ない費用のことを言います。

 

例えば、

  • タバコ
  • お酒
  • 飲み会のお金
  • 嗜好品など

 

などムダ遣いにあたるお金です。

 

この浪費部分は頑張れば、減らすことができます。

 

投資とは

投資とは必ずしも生活に必要なものではありませんが、将来の自分にとって有益な生産性の高いお金の使い方です。

 

例えば、

  • 習い事にかかる費用
  • ビジネスにつながる費用
  • 自己投資の費用
  • 仮想通貨投資(⇦ココ!)

 

投資と嗜好品は似ていますが、決定的な違いは「いつ恩恵を受けるか」です。

 

嗜好品はその瞬間に恩恵を受けるのでその瞬間にお金を使いますが、投資は将来に恩恵を受けるためにお金を使います。

 

アルトコイン投資

2つ目はビットコイン以外のアルトコインに投資する方法です。アルトコインはビットコインと同様、今後価値が上がる可能性があるからです。

 

「アルトコイン」とはビットコイン以外の通貨の総称をいいます。

 

ちなみに日本国内で扱う「アルトコイン」でこれだけあります!⇩

(※左上のビットコイン以外はすべてアルトコインです。)

引用サイト:https://paranavi.jp/altcoin-exchange-recommendedation

 

アルトコインは2000種類ほどありますが、国内で取引ができるのは10種類ほどしかありません。

 

国内で数種類しか扱わない理由

 

国内で約2000種類あるうちの10種類ぐらいしか取り扱えない理由は、金融庁は安全性を重視しているため、国内の仮想通貨取引所で売買できるアルトコインに規制をかけているからです。そのため国内の仮想通貨の取引所では10種類前後しか取り扱っていないのです。

 

厳しい金融庁の審査を通ったとみれば、安全性が高いとわかります。

 

同時に残りのアルトコインについてまだまだ安全性が低いと捉えることも出来ますね。ただ100%安全というわけではないのでそこはしっかり頭に入れておきましょう。

 

もし興味がある方は国内のアルトコインを調べて、チャレンジすることをオススメします。

 

アルトコインに儲かる可能性

アルトコインは2つの可能性があります。

 

①先行投資で大きく儲けるチャンスがある

②少額額でも利益が狙える先行投資

 

アルトコインはビットコインよりは価値は低いです。しかし今後いつ値上がりするのかは誰にもわからないので、先行投資していれば将来儲かる可能性が充分にあります。

 

※注意で必ず儲かるわけではありません

 

仮想通貨でより儲ける方法

今回紹介した取引方法で「正しく」かつ「より儲ける」方法は、今回紹介した「現物取引」「ポイントサイト」「積み立て投資」に一緒にやる方法です。

 

この方法が効率的に儲ける方法だと思っています。なぜなら自己資金とポイントを使って仮想通貨に投資しているので効率的に儲けることができるからです。

 

実は取引方法はたくさんあるのですが、リスクも高くかなり難しいので載せませんでした。本記事ではあくまで正しく儲けるための取引方法を紹介しました。

 

ここで初心者の方は無理する必要は一切ありません。わからないこともたくさんあると思うので1つずつ挑戦してトライ&エラーを繰り返し、もし慣れてきたら別の方法にチャレンジしてみましょう!

 

最後に今回のおさらいをしておきますね!

①現物取引は仮想通貨の購入から売却するまでの取引
②ポイントサイトは最初は自己資金を使わずに始めたい方にオススメ
③積み立て投資はリスクを抑えて安定的に稼ぎたい方にオススメ
④仮想通貨投資は自己資金の範囲で行うこと
⑤ビットコイン投資だけではなくアルトコインに投資するのもアリ

 

というわけで今回は以上です。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました