ホーム » 仮想通貨 » 【初心者向け】ビットフライヤーで仮想通貨デビュー前に知っておきたいメリット・デメリット
a

【初心者向け】ビットフライヤーで仮想通貨デビュー前に知っておきたいメリット・デメリット

悩みを抱える女性
悩める女性

・ビットフライヤーてそもそも何?

・ビットフライヤーの特徴が知りたい!

・ビットフライヤーで取引するメリットとかデメリットが知りたい!

 

などの悩みを解決することができます。

 

結論、ビットフライヤーは仮想通貨デビューする方が初めて使う仮想通貨取引所としてオススメです。

 

理由はビットフライヤーは、

国内トップクラスの仮想通貨業者

・ビットコイン取引量が6年連続No.1

(※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む))

 

などの信頼や実績があるからです。

 

本記事では以下のことがわかります。

・ビットフライヤーの特徴
・取引するメリット・デメリット

 

もうすでにビットフライヤーに興味がある方はこちらで口座開設することをオススメします。

 

最短10分で口座開設可能です。

 

こちらの記事で紹介しています。良かったらどうぞ!

ーーー準備中ーーー

 

ビットフライヤーとは

bitFlyerとは2014年に設立された取引所の中で国内最大級の仮想通貨取引所です。

 

ビットコイン取引量国内№1の実績を持っています。

「※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」

 

暗号資産交換業者は、金融庁・財務局の厳しいチェックを受けパスした業者しか日本国内で仮想通貨の取引サービスが提供できません。

 

またビットフライヤーは国内だけではなく、アメリカ、イギリス、ヨーロッパでもライセンスを取得している取引所になります。

 

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーでは主に仮想通貨の購入・売買・送金などの取引を行うことができます。

 

他にも、

・毎月、自動で積み立てする「かんたん積み立て」
・Tポイントをビットコインに交換できるサービス
・決済額に応じて、ビットコインがキャッシュバックされるクレジットカード

 

などさまざまなサービスを提供しています。

 

取り扱い通貨

ビットフライヤーは以下の仮想通貨の取扱をしています。

 

<ビットコイン(BTC)>

 

<アルトコイン>
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス (XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーリンク(LINK)
・シンボル(XYM)

 

補足:そもそもアルトコインとは

 

悩める女性
悩める女性

仮想通貨ってビットコインしかないんじゃないの?

 

と思われた方もいらっしゃると思います。実はビットコインだけではありません。たくさん種類があります。

 

「アルトコイン」とはビットコイン以外のコインのことです。仮想通貨全体を分けたときに「ビットコイン」と「アルトコイン」に分かれます。

 

ビットコインは1種類しかありませんが、アルトコインは数百種類あります。

 

ビットフライヤーで取引するメリット

ビットフライヤーで取引するメリットを2つ紹介します。

 

①1円からビットコインが買える
②高いセキュリティで安心

 

それぞれ解説しますね!

 

1円からビットコインが買える

ビットコインが「1円から購入可能」で、仮想通貨デビューしやすいことが特徴です。

 

他にもイーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルなど15種類のアルトコインを1円から取引が可能です。

 

また自分の資金力に応じて金額の設定ができるため、無理のない範囲で仮想通貨の運用ができます!

 

ビットフライヤーのセキュリティ

仮想通貨投資を始める際、セキュリティー面で心配になる方がいるのではと思います。

 

ビットフライヤーは、

業界最長 7 年以上ハッキング 0 !

仮想通貨取引所対象セキュリティ調査世界No.1!

次世代セキュリティで実現しています。

 

詳細が公式ホームページにあったので引用しますと、

お客様の資産を守るため、コールドウォレットでの保管、 マルチシグ ※2の採用、サイバー攻撃を検知し保護するための様々な仕組みを導入しております。

※1 Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。
※2一部仮想通貨(暗号資産)において
引用サイト:https://bitflyer.com/static/getcoin

 

このように初心者の方でも安心して利用できるようビットフライヤーはサポートも充実しています。

 

補足:仮想通貨のリスク

仮想通貨のリスクの1つに「ハッキング」があります。

 

もし何者かにハッキングされると仮想通貨の流出信頼性が低下する可能性があります。

 

実際、取引所がハッキングされ、仮想通貨が流出してしまい、大量の負債を抱え経営破綻した取引所も過去にありました。

 

常に「ハッキング」リスクに向き合いつつ、ビットフライヤーのセキュリティは万全です。

 

手数料について

また手数料についてですが公式サイトで紹介しています。

 

その中で特に3つをピックアップしました。

 

アカウント手数料無料

無料で口座開設ができて、かつビットフライヤーのアカウントを作成することができます。

 

販売所の取引手数料が無料

ビットフライヤ―の販売所取引手数料が無料です。

(※別途スプレッドがあります。)

 

ビットコイン売買手数料

ビットコインの売買手数料は約定の×0.01~0.15%(ビットコイン)になります。

 

ビットフライヤーで取引するデメリット

メリットを知れば、次にデメリットを知ることも大切です。

 

そこで、ビットフライヤーで取引するデメリットを2つ紹介します!

 

①アルトコインが少ない
②出金手数料が高い

 

それぞれ解説しますね!

 

アルトコインが少ない

ビットフライヤーは取引所で取扱がない銘柄が多く、販売所取引がメインになっており、取引に手間がかかる可能性があります。

 

ビットフライヤーの取扱銘柄数は15種類ですが、あくまで販売所で取引出来る数です。

 

取引所で取引できるのはビットコイン、イーサリアムのみ。他のアルトコインの取引はできません。

 

ビットコイン、イーサリアムなどの有名コイン以外を、取引したい方はデメリットになることがあります。

 

しかし有名コインしか取引しないのであれば問題はありません。

 

補足:「販売所」と「取引所」

「販売所」と「取引所」の違いは暗号通貨を取引する際の相手が違うことです

 

あなたが取引する相手が、

販売所なら「ビットフライヤー(仮想通貨業者)

取引所なら「他のお客様」

 

販売所で取引する場合、通貨の金額は仮想通貨業者の分の手数料が追加されます。そのため「取引所」よりも「販売所」の方が手数料は安いです。

 

出金手数料が高い

最大770円の手数料がかかる可能性があります。

 

せっかく仮想通貨で利益がでても出金する際に手数料が引かれて、マイナスになることも考えられます。

 

入金する際は0円から入金できるのですが、入金条件によってかかる可能性があることもご理解ください。

 

仮想通貨デビューするならビットフライヤー

仮想通貨に興味があって、これから口座開設したいと思っている方は、ぜひこの機会にビットフライヤーでデビューをオススメします。

 

口座開設は最短10分で完了します。

サっと登録が可能です。

 

もし口座開設の方法がわからなければ、こちらの記事を用意していますので、よければご覧ください。

 

ーーー準備中ーーー

 

というわけで最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よく読まれる記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました